婚活も経験いろいろで

学生を卒業してきちんとした社会人になると結婚っていうものを意識したり考えるものですね、若くて未熟ではあるけれど。

そういう最初のきっかけは田舎の同級会、それが中学や高校となると田舎なまりも懐かしくちょっとした恋心も芽生えたりします。

お互いに今はどうしてるとかいう話になりワイワイしながら連絡先のやりとり、男性としたら生徒や学生から女性となったことに興味が湧いたんでしょうね。

こういうケースだと幼なじみということからして案外スムーズ、どんな性格なのかということやその時点での状況も聞いていたことだし、構えるということがないんですよね。

出かけたり、お互い住んでいるところでなんて行ききしても、気持ちは田舎にいたときのようなほんわかとした温かな気分と安心感。

恋としては全然知らないということからのスタートよりもゆるいかな、時間が経過すると服装などのおしゃれや仕草なんていう部分で新鮮味に欠けるということもありました。

ある意味いま考えてみると、20代最初の習い事的で婚活も考えた体験だったように思います。結婚ということに女性としての夢みたいなものがあるとすれば、もう少しの恋気分があればいいかと思ったりもして。

これはこれとお互い幼なじみという間柄ということから、解消するのもそんなに違和感があるというものでもなかった。気心が理解できるので連絡がなくてもそんなものだと落着いていられましたね。それから数年、仕事も経験積んで貯金もという時期になってお友達からの紹介でスタートしたことは本格的な婚活ということになりました。結婚するなら恋愛でと思っていたから見合いはナシ、年齢も20代なかばの適齢期になっていたので家庭に収まってみるのもいいかと思えました。一般的なお勤めの人、結婚するのに必要な安定感も安心感もあると思ったし、お互いに気持ちをかためるまでにそう長い時間はかからなかった。婚活や家庭を双方が望んでいたからでしょうね、婚活から結婚となって平凡な暮らしぶりとなりました。

婚活パーティーの思い出

30歳を目前にして、結婚できるのかなという不安が頭をよぎるようになりました。そんな時に友人に誘われていったのが、婚活パーティでした。どんな所かよくわからずに、最初は参加しました。いつもとは違うお洒落な服をきて、会場にいきました。そのパーティは年齢が男性は25歳から39歳まで、女性が20歳から39歳までで、男性は年収が600万円以上というのが条件でした。受付をすませて、プロフィールシートというものを記入しました。はじめての事で、どんな風に書いていいか分からずに、なんとなくで記入したのを覚えています。そしてパーティがはじまると、最初は一人一人1分間のあいさつ程度のお話タイム。1分はとても早くて、次から次へと入れ替わりで話をしなければならなくて、少し疲れても来ました。こんな短い時間で気になる人なんてわからないしなと思っていました。そして、休憩をはさんでフリータイムでした。好きな人のところへ行って話をするというものでした。私は疲れていて、どうしようかなと思っていると、一人の男性がいいですか?と目の前の席に座ってきました。感じのいい人で、年齢はそんなにはなれていませんでした。彼も旅行が好きという事で、その話で盛り上がりました。こうやって話をしていって気になる人を見つけていくんだなと思いました。

私の友人は積極的で、どんどんといくタイプでした。気になる人がいるとその人のところへいって話をしていました。それを見て、すごいなと思いました。でも、これくらい積極的にいかないと自分の気になる人には出会えないんだろうなと思いました。

その後も何人かの男性をお話をしてパーティが終了しました。はじめての婚活パーティは正直とても疲れました。友達と帰りにカフェによって珈琲を飲みながら、反省会をしました。一人の男性と連絡先を交換して、数回ごはんを食べたりしましたが、男性が海外への転勤が決まり、それ以来会うことはありませんでした。でもはじめての婚活パーティに参加して、いい経験が出来て良かったです。

若い私は、色々なことを見抜けなかったのです。

女性が婚活を行うにあたっては、お相手の男性を選ぶ事の1つとして大切な事があります。男性にはお金があり、勿論借金などない人で、お付き合い出来るかたの方が、良いと思うのです。借金といいましても、色々とあります。自分が働いたお金で、車など購入して、毎月払いという事もあります。ひとくちに借金が、悪いとはいえないのです。まして自分の働いたお金で、やりくりしている方は、親の援助をもらって生活している人より、立派かもしれません。婚活で、お知り合いになって、嫌いなタイプで、なかったら、お話しや、お付き合いをする事は、いいと思うのです。お相手の今までの、生き方など話をしたり、又男性の考え方など聞くお付き合いの方法から、入る婚活もよいのでは、ないでしょうか。女性が婚活し、今以上にお幸せになりたい為の婚活なのです。ご自分が育った環境とお相手の育ち方の違いなど、感じる事も大切だと思うのです。

また男性側からの婚活も、同じ様なことが言えるのではないでしょうか。婚活でご自分からみて、いい感じの女性と感じた時は、男性の方から出る行動も、大切なことです。お相手を知るには、やはり会話や仕草などからも、受け取り感じる事は大切です。男性にとって、手助けや優しい態度をとってくれる女性と見抜くことも必要です。女性の育ち方や女性が今までにあった出来事に対して、どういう態度で来たかなど知る事は、お相手を知る方法だと思うのです。

男性も女性も、お相手の資産を知る事も大切なのですが、人の価値観はお金だけでは、ないとも思うのです。お互いが幸せに暮らしていける方法なども、お話しできるお相手が、いいのではないでしょうか。同情だけの結婚もいけませんし、相性が合わない様なお相手も避けた方が良いと思います。

また、ご自分達の親御さんに対して、どういう態度をもってくれるかという事なども大切な事です。親御さんからしましたら、結婚して、2人が仲良くしてくれる事が1番嬉しいのことではあるのです。私は以上の様な事への思いが少なく、婚活で一緒になり、生活相手の選び間違いなのです。

恋愛をせずに婚活すること

大学在学中に短期間男性とおつきあいをしたことはありましたが、就職をしてからはずっと彼氏いない歴を更新していました。

私は自分の趣味を大切にしていたので、趣味に使う時間を大切にしていました。

男性とおつきあいをすることで趣味に使う時間が無くなってしまうのなら、おつきあいはしないままでいた方が良いと考えていました。

もし、おつきあいをするのならば、自分の趣味を理解してくれて、できれば同じ趣味を楽しんでくれるような男性であってほしいと公言していました。

「そんな都合のいい男性が現れることはないだろう」というのが親や友人の意見でした。

そんな私は、31歳のある日、突然結活を始めました。

テレビで孤独死の番組を見ていたら急に不安になったのです。

私が自分のための趣味に費やすお金や時間で、家族を作り、家族を大切にしている人がいるということを改めて考えました。

そして、私はこのまま自分を楽しませるだけの人生を送っていけば、多分孤独に死んでいくのだろうと急に怖くなったのです。

結婚をして伴侶を得て、子供を作って育てようと強く思いました。

そう考えてからの行動は自分でも早かったと思います。

「結婚を考えている。結婚をしたい。」と周囲に公言し、誰か良い男性がいたら紹介してくれるよう真剣に頼みました。

また、自治体などがひらいている婚活パーティーに積極的に参加するようになりました。

恋愛経験の乏しい私が、急に結婚にガツガツしだしたので、それを笑う友人もいました。

「そんなに簡単に、そんなに急に結婚なんてできるわけがない」と言われました。

しかし結局私は、結活を始めてから8ヶ月で今の夫と入籍をしました。

夫と自治体の婚活パーティーで出会ってから1ヶ月で結婚を決め、その5ヶ月後に入籍しました。

私の趣味を理解してくれるわけでもなく、趣味が同じわけでもありませんでしたが、結婚相手としてはこの人でいいと思えたのです。

多くの女性は、男性と出会ってから恋愛期間を経て、結婚をしようとするから時間がかかるのだと思います。

私は恋愛をしてから結婚しようという気持ちは全くありませんでした。

目標が結婚をしたいということ一つだったので時間がかからなかったのだと思います。

割り切って考えられる方にはお勧めする婚活方法です。

ある程度の目標設定をしたほうがいい

a0782_000585

25歳ごろに親の勧めもあって地元の古くからある結婚相談所に登録しました。

紹介してもらえるお相手は、基本的に自分と同一県内か同一地方の方々なので、結婚しても実家からあまり遠くないところにいられるという利点がありました。

でももうちょっといろんなところから出会いを探したくて、大手の結婚情報サービス会社にも登録しました。

こちらは日本全国・海外在住の方も紹介してくれるというものでした。

2つのところに登録したおかげで、お見合いの話も多くいただきました。

多いときには一ヶ月のうち毎週末はお見合い、というときもあり、実際に会う以外にも「この人と会ってみませんか。」というお話がありました。

大手からの紹介の人は「お見合いなれ」している人も多かったです。

こちらがもう少しゆっくりとお話したいと思っても会ってすぐに「断るつもりなら今言ってください。」という人もいました。

また、大学時代付き合っていた彼のことが忘れられずに復縁占いに走ったこともありました。こんなサイトの占いを利用していました。
http://www.syntegrallc.com/

あるいは結婚してからの自分の予定などを延々と話してくれる人もいました。

具体的に話も出ていないのに、困ったなあという感じがしました。

いろんな職業や時にはわざわざお見合いのために帰国しました、という人からは海外の面白いお話など聞けて面白かったです。

ただ海外組みは1日にうちに数件のお見合いをする予定の人が多く、時間がきっちりと組まれていて次のお見合い相手と鉢合わせしないようにされているのが気になりました。

理由はわかりますが、ちょっと慌しい感じがしました。

地元からの紹介では、まじめでちょっと女性なれしていない感じの人が多くありました。

そうなるとお会いしても会話が続かないので、延々と自分ばかり話しているとかいうこともありました。

ひどいパターンになると、お互い仲人さんに「もう一度お会いしたいです。」と返事をしても次のアクションがないということもありました。

一応最低2回は会ってみて考えようと思っていたので、そういう場合は「先方も乗り気じゃないんだな。」とちょっと不快な気もしました。

結局結婚相手は趣味の仲間からみつかったので、サービスを利用した私の婚活は失敗でした。

原因は自分自身に結婚するきちんとした考えが無かったこともあり、お話をもらっても積極的になれないところがあったこともひとつだと思います。

そうなると自分だけじゃなくてお相手の時間もムダにしてしまったりします。

高すぎる理想はネックになりますが、地元を離れてもいいのか・義両親との同居のこと・自分の親のこと・結婚後の自分の仕事などおおよそのアイデアは持っておくべきです。

あとはお相手に求める性格とか自分との相性はどの程度譲歩できるかも、なんとなくでも決めておいたほうがいいです。

結婚サービス関係を利用するときには、積極的にいろんな人と会ってみるのがいいと思います。

それと、やっぱり地元を離れてもいいというなら大手に登録するほうがお話が途切れません。

断っても断られてもすぐ次のお話がまわってくるので、落ち込まずにすみます。

なりふり構わず、婚活しました

私は40歳もを目前にして、婚活を決意しました。それまでにも少しは結婚を意識していたので、多少は婚活をしていたと思います。ですが38歳の時に「真剣に目一杯」に婚活することを決めたのです。

ですから手段は問いませんでした。というか、あらゆる手段を使おうと思いました。まず結婚相談所。いわゆるちゃんと事務所を構えてらっしゃる、昔ながらの?結婚相談所のことです。ここのよい所は、相談員がいるということです。こちらの要望をもちろん伝えますが、でも相談員が私を見て下さった結果「こういう人が合うのではないですか?」とアドバイスをもらえたりします。最初は「え?こんな人??」と思ったりもしました。正直、結婚相談所から積極的に紹介される人は、あまり顔の良い方はいらっしゃいません。ですが勇気を出して(ある意味仕方なく)会ってみると、人柄的には素朴で真面目で、意外に良い方だったりしました。

その次には、もちろん出会いサイトも利用しました。出会いサイトと言っても様々あり、真面目なものもたくさんあります。実は、私の先輩で出会いサイトで知り合って結婚された方がいらっしゃったので、それで私も抵抗なく登録することが出来ました。そして実際、何人かとお会いもしました。こちらも結婚相談所と同じような感じですが、しかし活動が本人次第のところがあるので「登録はしてみたけれども、積極的に活動していない」方もたくさんいらっしゃいます。つまりこちらから連絡をしても、何の答えも返ってこないということはしょっちゅうです。そのことをうまく割り切って「疲れるなあ」等のマイナスの気持ちを持たずに活動することが大事かと思います。

最後に、実はこれが一番有効だったのですが、やはり周りの人に紹介してもらうこと。これも友人に「紹介してね」だけでは今までと同じだと思い、私は周りの全ての人に「真剣に婚活を始めたんです」と公言することにしました。そう、友人だけでなく、上司や習い事の先生等にも、です。正直、格好も悪いし、覚悟が要りました。でもそのおかげで、いろんな人が、それはそれはいろんな人を紹介をしてくれました。友達の友達や、友達の弟さん等も協力してくれました。そして、私はこの方法で今の主人と出会いました。

私が婚活して感じたことは「なりふり構わず活動すれば、必ず道は開ける」ということです。今振り返ると、意外にも楽しかった思い出ばかりです。

彼氏がいてもお見合い

初めて親に会わせた彼氏に振られたとき、もうお見合いする!

探してください!と親に頼んだことがありました。

そんな願いも忘れ、1か月後には新しい彼氏ができましたが、

新しい彼に告白されたとき、

私は結婚願望が強いからそれに一緒にむかってくれるならいいよと言いました。

彼はしばらく唸り、そういわれちゃうとなあ。と、まだ結婚願望があまりないようでした。

そういっても、私にふられたくなかった苦し紛れに、前向きに考え努力するようなことを言いました。

20代後半で結婚を意識して女性と付き合えない男性であることがわかりましたし、

唸られた解答が府に落ちなかったのですが、そのときは独り身でいることのほうがさみしかったので、

前向きに考えるということばを信用して付き合いました。

でも、この人とは結婚にはならないなと直感していました。

なんで付き合ったんだろうと思いながらも、まわりに言いながらも、

積極的な彼に徐々に惹かれていきました。

いま思えば、自分を好きでいてくれる情熱は伝わってきたので、押しに弱かったんだと思います。

そんなとき、親からお見合いの話をもらいました。

父が同窓会に行き、友人の息子が独身であったので、話が盛り上がり、

子供同士を合わせようということになったと言われました。

彼氏ができたばかりで、好きになってきたのに、こっそりお見合いすることは気がひけました。

言わなきゃばれないんだからと母親には強く会うことをすすめられました。

両天秤にかけることも大事だと言われました。

父には、その同期生は見合い相手の父親に当たるが、なかなかハンサムだと言っていました。

私には隠して会うということに罪悪感を感じ、苦しくて息を吸うのもやっとでした。

でも、お見合いをしようと思ったのは、今の彼とは将来がないだろうと直感していたこと。

それなのに付き合っているのはおかしいし、お見合いしようと思うことは、今の彼に対して自分は本気ではないんだと言うこともわかりました。

お見合いなので、相手は結婚する気があるということと、

ハンサムなお父さんというのに会いました。

お見合いのためにバーバリーのワンピースを母が買ってくれました。

いざ二人で会おうとしたら、

お見合いの最初は何を話したらいいかわからないので、男性の父親がついてくるという話でした。

うちの父もきましたが、

会って挨拶をしたあとは父親同士の故郷の話になって盛り上がってしまい、男性のほうから私への質問はふたりきりになるまで全くなかったです。

相手に積極性がなさすぎてがっかりしました。ふたつの恋愛の失敗談でした。

婚活パーティーに行ってみた結果

ここからご記入ください。切っ掛けは、よく電話の掛かって来る結婚相談所の主催するパーティーに参加したことでした。

頻繁とは言いませんが、週に数回は耳にする声なので、

暇な時に世間話する程度の付き合いになっていました。

今思えば、それがあちらの手だったのでしょうね。

その日はいつもと雰囲気が違い、何かしらの思惑があるのだと感じ、

悪戯っぽく応答してみました。

早い話、

主催するパーティーの人数が足りておらず、暇ならサクラをしてくれないか?

そんな内容でした。

日程を聞くとちょうど空いてたし参加費用はタダ、電車賃ぐらいの謝礼が出るとのこと。

簡単なアルバイトするような気持ちで、申し出を受ける事にしました。

当日は適当なスーツを来て出かけました。

会場はターミナル駅前のホテル。

アクセスもよくなんで人が集まらないのか疑問を感じました。

会場に入り、電話でしか話した事のない人と初対面。

想像通りの人でした。

とりあえず肩の力抜いて楽しんできてと言われ会場内に。

良く聞く肉食系の応対…という物を期待してましたが、

普通の会食のような和やかな雰囲気です。

年齢層も30~40前半くらい。男女比は半々といった感じです。

電話先では人が集まらないと言ってた割に結構いました。

はめられたかなぁ~と思いながら、飲み物取って壁にもたれ掛かっていると、

「あのあの」と社交辞令よろしく女性の方から声を掛けられました。

どんな人かは記憶に残っていませんが、楽しい会話ができたと思います。

1人話せば、自然と2人3人と話をする訳で、中には共通の趣味を持ってる方。

会話が弾むのに共通の趣味というのはわかりやすいくらい盛り上がるようです。

残り時間は全てその人と話してたような感じでした。

その日は連絡先を交換しただけですが、後日何度か会いまして。

将来を考えてもいいのかな?という相手になりつつあります。

今は騙されて良かったのかと思っております。

あれから結婚相談所の方からは電話が入ってきませんが、

毛嫌いせず、一度くらいそういう席に出るのも悪く無いと感じました。

意識の変化

結婚はしたいと思っていましたが、その機会を得ることなく日々を過ごしていました。

そんな私に訪れた転機は、母が勝手に集めた結婚相談所のパンフレットに目を通した事でした。

どうせそんな簡単に相手なんて見つかるはずない、仕事をしながらそんな時間をどこから見出すのか、否定的な考えはなかなか変わりません。

しかし、知らないまま過ごすのもそんな気がして、いくつかの相談所の門をたたきました。

そこで私は自分を知ったのです。

どの相談所もプロの目で私自身を見つめてくれました。

そして、私自身も気が付いていないような心理面まで引き出してくれました。

私は心の底から結婚したいと思っており、暖かな家庭を望んでいること。

心理テストなどの思ってもみなかった結果に、びっくりしました。

そして、真剣に婚活に取り組もうと決心したのです。

いくつかの相談所から私が選んだのは、コンピュータでマッチングをする大手ではなく、地元に昔からあるようなおせっかいおばさんの相談所。

彼女はコンピュータでデータを整理することなく、会員が自筆で記入したデータを自ら分析し、人柄を見て、紹介をしてくれます。

紹介をされるときには、データには書かれていない細かな家庭の事情や本人の希望などもざっくばらんに話してくれました。

これこそが小さな相談所の魅力かもしれません。

もちろん地域にある相談所なので、遠方の方は登録されていません。

あくまで地元の近辺での結婚を望む方ばかりが登録されているのです。

数名の方を紹介していただき、3名の方とお会いしました。

実際にお会いして話をしてみると、データからはわからないことがあるのだと気付きました。

1人目の方は、会ってすぐに駄目だと感じました。

理由は「歯」。歯並びが悪く、色素が沈着し、とても不健康そうに感じました。

私に虫歯が一本もないのも影響しているかもしれませんが、私は男性のこんな小さな部分が気になる人間だったのだと知りました。

2人目の方は、もう一度次に会おうか迷いました。

でも、結果的には会いませんでした。

理由は、実家からかなり離れた地域の方で、結婚するとそこで暮らす必要があったからです。

はじめは県外の方でも大丈夫だと相談員さんに伝えていましたが、具体的に話を聞くと、やはり実家から遠くは離れたくない自分がいるのだと知りました。

3人目の方とは、相談所の規定よりも長く話が弾み、もう一度会いたいと思いました。

しかし、この方ともう一度会うことはありませんでした。

ちょうど同じころ、他の縁で知り合った人が素敵だと感じたからです。

婚活を始めると、自分の意識もプラスに働くのか、同時期に何人かの方と知り合うことができました。

結果的には相談所を介さずに将来の伴侶を見つけたのですが、相談所へ行ったことは、私にとってプラスだったようです。

自分自身を知り、自分の意識改革のために、婚活は有効でした。

今は、3人の子供にも恵まれ、結婚に焦っていた自分は忘れてしまっています。

初めての婚活パーティー

a0790_000153

友達の誘われて、男性5000円・女性無料という婚活パーティーに行くことになりました。

その時、実は私は彼氏がいたのですが上手くいっておらず友達は鬱の病みあがりだったので、友達の気分転換を第一に私も良いひとがいたらあやかろうとそんな気持ちで参加しました。

会場に着くとたくさんの方がいて、他の条件の違う方も並んでいました。

私たちは男性が大卒・上場企業・30歳~40歳の会に参加しました。

入り口で身分証明書として免許証を提示しいくつかカードのようなものをもらい中にはいりました。

思っていたより普通の方が多く、むしろ女性は気合が入っている方が多かったです。

私は上は紫に下は黒のパンツといういかにも男うけが悪そうな格好で行ってしまいましたが、友達は花柄のワンピースでしたし、他の方もピンクのツーピースなど女性らしい格好をしてきている方が目にとまりまりた。

まず、開始時間の前にもらったプロフィール用紙に記入してくださいと案内があり、記入しました。

内容は結構細かくなっていて、氏名、年齢住所、家族構成、喫煙の有無、趣味、職業、好きな食べ物など多岐に渡っていました。

男性のものは、そこに年収などが加わっていて初めはビックリしました。

次にフルーツバスケットのように座り、男性と女性が交互になるように座ります。

そしてお互いのプロフィールを交換し3分単位で会話していきます。

終わるとアナウンスが流れ、男性が動きます。

正直、初めてだったのでメモをとる余裕はありませんでしたが結構チェックを入れるようです。

それが終わるとフリータイムになるのですがその時に、気になった方の番号を書き1度回収されます。

番号を書かれた人に書いた人の番号を渡し、フリータイムで話すきっかけを作るのです。

フリータイムは5分間が2回でした。

最後に良かった人の番号を3つ記入し回収してもらうとカップリングが番号で発表される仕組みでした。

友達はメモも取りしっかり番号を覚えていたようでしたが、私は1つ1つをこなすのに必死で番号を覚えておらず未記入のまま終わりました。

友達は残念ながらカップルにはなれませんでしたが、良い経験になりました。

今となってはもっとしっかりチェックしておけばよかったと思いました。